京都移住計画の準備 kyoto

JUGEMテーマ:日記・一般

 

京都移住計画の準備 paris

 

秋に予定していた一時帰国を来年二月頃へ延期。現在はパリで準備中です。

「釣人の散歩道」もパリ編から京都編へ移動準備を徐々に始めて参ります。

 

長年続けて参りました「釣人の散歩道 paris」はお陰様で随分大勢の方から

ブログに立ち寄って頂ける様になりました。将来の京都移住計画に備えて

「釣人の散歩道 kyoto」を開設しておりますが、まだ十分に育っていません。

将来何とか「釣人の散歩道 paris」と同様に根付いて欲しいと願っています。

京都への移住完了には、まだ 1〜 2年位は準備必要と思われますが、徐々に

一時帰国の回数が増えて京都滞在期間が長くなって来ると思います。今後は

ブログの移動準備として、パリ滞在期間も「釣人の散歩道 kyoto」を主体に

ブログを upして参りたいと思います。「釣人の散歩道 paris」に更新掲載が

無い場合は「釣人の散歩道 kyoto」で継続しております。お立ち寄り下さい。

準備期間中はパリの話題も含めて、徐々に「釣人の散歩道 kyoto」を主体に

育てて参りたいと思います。鮮明で大きくなった写真画面でお楽しみ下さい。

釣人の散歩道 kyoto : http://nobuhiroono.jugem.jp (京都編) 継続中です。

 

 


冬の準備 paris

JUGEMテーマ:日記・一般

 

冬の準備 paris

 

散歩道の花壇に麦藁が山盛りされていた。冬の支度が始まろうとしている。

相棒はイチジクジャム作りに精を出し、一冬に充分な在庫を達成した様だ。

 

「おーい、もうすぐ冬がやって来るぞ〜」気の早い心配性が警鐘を鳴らす。

初霜はまだの様だが、今日から冬時間が始まる。秋の決められた日曜日の

午前 3時に時計を 1時間遅らせる。朝起きて約束時間にズレが生じても、

冬時間変更日の日曜と言う事でなんとかなる ... と、一応配慮されている。

今年の冬支度は例年と多少違い、部屋の整理仕事とやり残していた竿仕事

に励んでいる。いよいよ長年のパリ生活から京都移住への計画がスタート

しようとしている。現在京都で改築中の隠れ家「鹿ケ谷」が、これからの

終の棲家となる。改築工事が多少遅れているので、次回の一時帰国予定を

来年2月頃へと変更した。少しづつ 1〜2年計画で移り住んで行こうと思う。

忙中閑の待ち時間を久々の竿仕事とセルフリペアの時間に当てて見たい。

散歩道で見かけた麦藁の山盛りを振り返った。もうすぐ、冬がやって来る。

 

 


カボチャの季節 paris

JUGEMテーマ:日記・一般

 

カボチャの季節 paris

 

どうやら「ハロ◯◯ン」がやって来るらしい。路にカボチャが飾られている。

余り知らない習慣が、季節の到来と共に、飾り付けを伴って復活されて行く。

 

生まれ育った母国の習慣に親しみを想う。面白そうな新しい企画がどんどんと

反映されて街は変わって行く。人によっては、実感が湧かない習慣もある筈だ。

慣れる迄、もう少し「カボチャの季節」と呼ばせて貰う。少年に言い訳をした。

皆が楽しく過ごせればそれが一番なのだが、どうも輸入モノの習慣はしっくり

と来ない処が在る。ふと考えると自分が異邦人である事をすっかり忘れていた。

異国に住む外国人はどうなのだろうか? やはり懐かしく想っていることだろう。

 

 


「あの頃の自分という男」 paris

JUGEMテーマ:日記・一般

 

久しぶりの長髪 paris

 

朝起きて鏡を覗いたら、無精髪を伸ばしたひとりの男が立っていた。

鏡の男はあの頃の男へ「おはよう!」と少し照れながら挨拶を送った。

 

樹が育って行く様に成長して行けたらいいと願っている。デラシネの様に

流されながら、飛び込んでは、其れなりに元気に過ごせて来た事に感謝する。

ふと思い返すと、一箇所で落ち着いて過ごす生き方への憧憬が残されている。

久しぶりに無精髪を伸ばした。作業中に目に入る髪が気になり、前髪だけを

自分で鋏切りした。以前フリーランスで生きた真っ盛りに、肩迄の長髪で

カッコ付けて過ごした時期が在った。若気を過ぎて、短髪になって来たが、

今は無精髪。昨日は久しぶりに竿仕事と取り組んだ。生き続け育ってくれた

手の感覚に感謝した。帰国した際に床屋さんへ行く事を楽しみにしている。

 

 


毎朝の買い物 paris

JUGEMテーマ:日記・一般

 

毎朝の買い物 paris

 

地区にもよるが、パリ朝市は週 2回が一般的。月曜以外の週 6回には感謝。

安くて新鮮なこの地区の朝市にはパリジャンがバスに乗って訪れるとか ... 。

 

パリ12区、パリジャンに知られたアリーグル朝市は月曜以外の毎朝週6日間

開かれている。各地区では大体週2回の朝市が開かれているが、月曜以外の

毎朝開かれる朝市には大感謝。釣人の自宅アパートから徒歩3分のこの朝市は

我家の食料庫として絶大な恩恵を受けている。お陰様で大型冷蔵庫と無縁で

過ごせている。毎朝散歩を兼ねて、今晩のメニューに合わせて買い出しに行く。

観光客で賑わう朝市ではなく、生活と季節感に溢れる食材を庶民の懐の具合に

合わせて面倒見てくれる朝市だ。将来パリを離れた時に、毎朝の朝市通いが

懐かしくなるかも知れない。パリジャンがバスに乗ってでも足を運ぶ朝市は

一見地味だが力持ちの市場だ。フランス食文化の底力を毎朝肌で感じている。

 

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM